スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

今日の一冊(48)『ビタミンDは長寿ホルモン』

最近ビタミンDに関する科学的、臨床的知識が豊富になり、知られざる効用が次々に明らかになってきました。そんなビタミンDの効用をまとめた本です。

マサチューセッツ総合病院のワング博士らが2008年に発表した研究では、血中ビタミンD濃度が15ng/ml未満の人は、15ng/ml以上の人に比べて、心血管病の発症率が約1.6倍、しかも、高血圧を発症している人では約2.1倍にもなるという結果。

がんに対するビタミンDの働きに関しては1000を越える研究があり、特に大腸がん、乳がん、前立腺がんなどいくつかのがんについては、ビタミンDの有効性がはっきりと示されています。血中ビタミンD濃度が25mmol/L増加すると、全がん発症率は17%低下し、全がん死亡率は29%低下したという結果が出ています。

特に消化器系のがんではその効果が大きく、大腸がんは37%低下、胃がんは42%低下、食道がんでは63%低下、膵がんは51%低下となっています。

  1. 腫瘍の血管新生を抑制し、がん細胞に栄養がいくのを防ぎます。
  2. 増殖シグナルを抑制して、腫瘍細胞増殖を抑えます。腫瘍細胞にあるビタミンD受容体と結合して、がん抑制遺伝子に働きかけます。
  3. がん細胞のアポトーシスを誘導します。

ただし、膵がんに関しては血中ビタミンD濃度が高すぎても返って膵がんのリスクが増加するという研究もあり、評価が定まっていない。最適な血中濃度範囲があるようだ。

すい臓でインスリンを分泌しているβ細胞には、ビタミンD受容体があり、インスリンの産生と分泌を助ける働きをしている。腎不全症で人工透析をしている人では、ビタミンDの血中濃度の違いで、死亡率に2倍以上の差があることが報告されている。

その他、メタボリック症候群、肥満、慢性腎臓病、自己免疫疾患、関節リウマチなど多くの病気と関連していることが研究されています。

ビタミンDの必要量

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2010年版)」によれば、日本人のビタミンDの1日の摂取目安量は5.5μgです。これは骨密度の低下を招かないための最低限必要な血中ビタミンD濃度を20ng/mL(50nmol/L)としたときの摂取量を推定したものです。

しかし、それで十分かというと、20ng/mLは最低ラインで、研究者らは血中ビタミンD濃度の充足域は20~44ng/mL(50~110nmol/L)を提唱しています。

カナダでは2010年にガイドラインを発表し、50歳未満の成人では400~1000IU(10~25ng/mL)を、50歳以上では800~2000IU(10~50ng/mL)をサプリメントで補うべしとしています。

日本人のビタミンDは足りていない。

 

Imgvitamind

30ng/mLを越える人は5.6%だけです。若い人でも足りていません。

 

ビタミンD不足は世界的な現象です。ビタミンD不足の人は死亡率が高いことを考えると、これは大きな問題です。

食事から摂るためには、魚や卵黄、キノコ類を積極的に食べることです。

ビタミンDは皮膚で産生されるので、日光浴が効果的です。

24時間以内に肌がうっすらと赤くなる程度の日光を、体表面積の20%(腕、下肢、顔、手など)に浴びると有効だといわれています。これを毎日から5分間、10~15分なら週に2,3日で十分なビタミンDが作られます。

それでも足りない場合にのみ、サプリメントで補えばよいでしょう。冬場は多分足りないですね。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • EPA/DHA摂取でがんの生存率向上EPA/DHA摂取でがんの生存率向上 がんは炎症作用を利用して増殖する 生物は傷ついた組織を修復する能力を持っています。その中心メカニズムが”炎症作用”です。 ところが、がんはこの修復メカニズム […]
  • ウコン(ターメリック)はがんに効くか?ウコン(ターメリック)はがんに効くか? クルクミン(ウコン)には次のような作用があります。 抗酸化・抗炎症作用がん細胞の増殖シグナルを阻害する作用がん細胞に対する細胞死(アポトーシス)を誘導する作用血管 […]
  • メラトニンと膵臓がんメラトニンと膵臓がん 私は膵臓癌の手術が終わった直後からずっとメラトニンを服用しています。多分10年以上になるはずです。 もちろん膵臓癌の再発防止が主目的ですが、国際線のパイロットやCAはジェ […]
  • クルクミンが膵臓がんの増殖を阻害するメカニズムクルクミンが膵臓がんの増殖を阻害するメカニズム クルクミンには抗がん作用がある ターメリックとは、ウコンの地下茎を乾燥した香辛料です。黄色色素を含み、カレー粉・たくあん漬などの着色料として利用されていま […]
  • 緑茶のカテキンは腫瘍抑制因子p53の機能を助ける緑茶のカテキンは腫瘍抑制因子p53の機能を助ける カテキンの抗ウイルス・抗がん作用 ポリフェノールの一種であるカテキン、特にエピガロカテキンガレート(EGCG)は、緑茶に多く含まれています。 カテキンには多 […]
  • がんには深蒸し茶の粉茶がよいがんには深蒸し茶の粉茶がよい カテキンには、強力な抗酸化作用と突然変異抑制作用があることが、多くの研究によって明らかにされています。カテキンは緑茶の渋みの成分です。よって、渋みが強い緑茶ほど、がんを抑える効果 […]
  • やはり、ビタミンDはがんに効くやはり、ビタミンDはがんに効く 佐藤典宏先生がYouTubeで、最新のビタミンDに関するエビデンスを紹介されています。 https://www.youtube.com/watch?v=NDdif0NS […]
  • ビタミンDサプリメントで、がんのリスクが減少ビタミンDサプリメントで、がんのリスクが減少 このブログではビタミンDの記事をたくさんアップしていますが、最近はビタミンDの話題がたくさん出てきますね。新型コロナに感染して重症化した人の多くがビタミンD不足だったとい […]
膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す