スポンサーリンク

今日の一冊(48)『ビタミンDは長寿ホルモン』

LINEで送る
Pocket

最近ビタミンDに関する科学的、臨床的知識が豊富になり、知られざる効用が次々に明らかになってきました。そんなビタミンDの効用をまとめた本です。

マサチューセッツ総合病院のワング博士らが2008年に発表した研究では、血中ビタミンD濃度が15ng/ml未満の人は、15ng/ml以上の人に比べて、心血管病の発症率が約1.6倍、しかも、高血圧を発症している人では約2.1倍にもなるという結果。

がんに対するビタミンDの働きに関しては1000を越える研究があり、特に大腸がん、乳がん、前立腺がんなどいくつかのがんについては、ビタミンDの有効性がはっきりと示されています。血中ビタミンD濃度が25mmol/L増加すると、全がん発症率は17%低下し、全がん死亡率は29%低下したという結果が出ています。

特に消化器系のがんではその効果が大きく、大腸がんは37%低下、胃がんは42%低下、食道がんでは63%低下、膵がんは51%低下となっています。

  1. 腫瘍の血管新生を抑制し、がん細胞に栄養がいくのを防ぎます。
  2. 増殖シグナルを抑制して、腫瘍細胞増殖を抑えます。腫瘍細胞にあるビタミンD受容体と結合して、がん抑制遺伝子に働きかけます。
  3. がん細胞のアポトーシスを誘導します。

ただし、膵がんに関しては血中ビタミンD濃度が高すぎても返って膵がんのリスクが増加するという研究もあり、評価が定まっていない。最適な血中濃度範囲があるようだ。

すい臓でインスリンを分泌しているβ細胞には、ビタミンD受容体があり、インスリンの産生と分泌を助ける働きをしている。腎不全症で人工透析をしている人では、ビタミンDの血中濃度の違いで、死亡率に2倍以上の差があることが報告されている。

その他、メタボリック症候群、肥満、慢性腎臓病、自己免疫疾患、関節リウマチなど多くの病気と関連していることが研究されています。

ビタミンDの必要量

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2010年版)」によれば、日本人のビタミンDの1日の摂取目安量は5.5μgです。これは骨密度の低下を招かないための最低限必要な血中ビタミンD濃度を20ng/mL(50nmol/L)としたときの摂取量を推定したものです。

しかし、それで十分かというと、20ng/mLは最低ラインで、研究者らは血中ビタミンD濃度の充足域は20~44ng/mL(50~110nmol/L)を提唱しています。

カナダでは2010年にガイドラインを発表し、50歳未満の成人では400~1000IU(10~25ng/mL)を、50歳以上では800~2000IU(10~50ng/mL)をサプリメントで補うべしとしています。

日本人のビタミンDは足りていない。

 

Imgvitamind

30ng/mLを越える人は5.6%だけです。若い人でも足りていません。

 

ビタミンD不足は世界的な現象です。ビタミンD不足の人は死亡率が高いことを考えると、これは大きな問題です。

食事から摂るためには、魚や卵黄、キノコ類を積極的に食べることです。

ビタミンDは皮膚で産生されるので、日光浴が効果的です。

24時間以内に肌がうっすらと赤くなる程度の日光を、体表面積の20%(腕、下肢、顔、手など)に浴びると有効だといわれています。これを毎日から5分間、10~15分なら週に2,3日で十分なビタミンDが作られます。

それでも足りない場合にのみ、サプリメントで補えばよいでしょう。冬場は多分足りないですね。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 6月1日から医療広告規制が始まった6月1日から医療広告規制が始まった 前回の『比較:免疫細胞療法クリニック』では代表的な免疫細胞療法クリニックを取りあげましたが、それら以外にも本当にたくさんのクリニックがあります。 Webサイトの片隅に「延命 […]
  • 肝臓に転移しても諦めない肝臓に転移しても諦めない またこちらの病院は、兵庫県がん診療準拠点病院ですが、膵頭部がんの患者で多発肝転移を有している方の症例が紹介されています。放射線治療と動注療法の集学的治療により膵頭部にあった腫瘍は […]
  • メラトニン購入メラトニン購入 個人輸入で購入したメラトニンが国際郵便で届いた。 100タブレット入りを4個。これで400日分だ。送料込みで4879円、安いものだ。 買ったのは「こる […]
  • 目黒川の桜目黒川の桜 昨日は午後から目黒川の桜見物に行ってきた。すでに葉桜になりつつあるが、平日だというのにたくさんの人でした。桜の撮影は難しい。誰が撮っても同じような写真になる。 しかし、あの […]
  • 『抗がん剤は効く!』 梅澤先生の新著『使い方次第で抗がん剤は効く!』を読みました。近藤誠氏の「抗がん剤は効かない」について、標準量では聞かないというのなら、それは同意できる。しかし、患者に合わせた少用 […]
  • 日本を見限った中村祐輔教授日本を見限った中村祐輔教授 ニュースに接して驚きました。しばらくして、今の日本なら当然か、とも思いました。この国は既に斜陽にさしかかっています。壊れています。いや、下り坂の半ばまで来ているのかもしれません。 […]
  • いまさらですが、癌って何?いまさらですが、癌って何? 「Keep On! […]
  • ウコン(ターメリック)はがんに効くのか、効かないのか?ウコン(ターメリック)はがんに効くのか、効かないのか? ウコン(ターメリック)はがんに効果があるのか。賛否両論あります。 私も継続してウコンを摂っています。ウコンを摂取するときの科学的根拠と注意点をまとめてみました。 【注意点 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です