ニュース 膵がん手術後の経過観察

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

「膵がん手術後の経過観察」という記事が1月9日の産経新聞「がん電話相談」に載っていたそうです。

私の担当医である癌研有明病院の猪狩功遺(たかあき)先生(消化器内科副部長)が回答していました。

「膵がんは、2~3年以内に再発することが多いのですが、それまでの期間を遅らせるのが抗がん剤です。」と回答されていますが、私の今投与している
ジェムザールも「再発を遅らせる」効果しかないということでしょうね。医学的には5年間再発しなければ「治癒」ということでしょうが、患者の気持ちとして
は別の病気で死ぬことが「完治」という受け止めをしてしまいます。


Q 45歳の女性です。2年前、体の調子が悪いのでCT検査を受けたところ、膵臓(すいぞう)と肝臓にカゲがあり、膵がんと診断されました。肝臓に
転移があったため、術前化学療法としてジェムザールとオキサリプラチンで6カ月間治療し、肝臓の転移が消えたので、膵体尾部と脾臓(ひぞう)を摘出しまし
た。手術後もジェムザールとオキサリプラチンの化学療法を6カ月行いました。現在血液検査とMRIで経過をみています。今後はどのような検査や治療を受け
たらよいのでしょうか。

 A 手術後の経過観察は、肝臓やリンパ節への転移には、通常CT検査でフォローアップします。あなたは造影剤(ヨード)のアレルギーがあるそうですから、CT検査は受けられないので、4カ月ごとに血液検査とMRIを行っているとのことです。

 今後は、肝臓はMRIや腹部超音波検査で、肺は造影剤を使わないCTで、全身は必要に応じてPET検査を受けてください。再発した場合は、手術は
できませんので抗がん剤の治療になります。膵がんは、2~3年以内に再発することが多いのですが、それまでの期間を遅らせるのが抗がん剤です。一度使用し
て効果のない薬は使えませんので、TS-1を使うことになります。TS-1は副作用の比較的少ない経口の薬です。膵がんには、今のところジェムザールと
TS-1しか認可されていません。

 Q 血糖値が上がっているのですが、これからの生活で気を付けなければいけないことは。

 A 手術後に糖尿病が出現することはよくあります。経口薬かインスリンでコントロールできますが、適度な運動も必要です。手術後2~3年は間隔を空けずに検査をしっかり受けてください。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 雨上がりに咲く向日葵のように雨上がりに咲く向日葵のように 25日に山下弘子さんが亡くなりました。19歳で肝臓がんが見つかり、余命半年を告知され、それでも希望を見失わずに「雨上がりに咲く向日葵のように」生きてこられました。 昨年に、 […]
  • 栄養を摂らないと膵臓がんは長生きできないよ栄養を摂らないと膵臓がんは長生きできないよ 膵臓がんでゲルソン療法とか、大量のジュース療法があります。患者の選択権として、私はべつに否定はしませんし、患者が納得しているのならよいと思います。でもそれらにはきちんとしたデータ […]
  • クリンソウ(千手ヶ浜)クリンソウ(千手ヶ浜) 週末に奥日光に行ってきた。前から計画していたクリンソウの群生地の撮影である。中禅寺湖湖畔千手ヶ浜にある個人の敷地内であるが、一般に開放されていて、今ではすっかり有名になり、都 […]
  • 抗がん剤による「心毒性」抗がん剤による「心毒性」 抗がん剤による心毒性 日経メディカルのこの記事、ちょっと気になりますね。 『癌患者・サバイバーを抗癌剤の心毒性から守れ』 癌患者の延命率を飛躍的に向上させた分子標的 […]
  • 膵臓がん患者と糖質制限食膵臓がん患者と糖質制限食 手術後の食事について、がん研の主治医の先生から言われたのは、肉類は摂りすぎないように、お酒はほどほどなら良いが蒸留酒(焼酎・ウィスキー)の方がベター、とだけでした。さらに「糖 […]
  • 『あなたの癌は、がんもどき』近藤誠 近藤誠氏が12月7日発売で『あなたの癌は、がんもどき』を出版しています。早速購入しました。 医学界に大論争を巻き起こした『患者よ、がんと闘うな […]
  • 第31番札所 竹林寺第31番札所 竹林寺 高知市の五台山には牧野植物園と第31番札所 […]
  • 臓器横断型新薬の「エヌトレクチニブ」が膵臓がんで使える臓器横断型新薬の「エヌトレクチニブ」が膵臓がんで使える 転移・再発した膵臓がん患者の方に朗報です。 NTRK融合遺伝子陽性の固形がんに対する国内で初めての治療薬 中外製薬の9月4日付ニュースリリースによると、 「NTRK融合遺伝 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です