進行膵がんにセツキシマブ・ゲムシタビン・オキサリプラチン併用が有効

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

  局所進行膵癌に対し、2カ月間セツキシマブ・ゲムシタビン・オキサリプラチンを併用し、その後、セツキシマブとカペシタビンの併用および放射線療法を行う治療法において、その有効性と安全性が多施設で行われたフェーズ2試験で確認された。結果は、1月22日から24日まで米オーランドで開催された2010 Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI)で、米M.D.アンダーソンがんセンターのC.H.Crane氏が発表した。

 対象は、局所進行膵癌患者69人。51人は切除不能な局所進行膵癌で、18人は切除可能とも不能とも言い難いボーダーライン上の膵癌だった。CTより病変の大きさを判断した。

 平均追跡期間は12.5カ月で、生存期間中央値は18.8カ月だった。1年生存率は67.8%、2年生存率は30.9%、3年生存率は18.5%。全生存期間について、切除不能群とボーダーライン群との間に有意差はなかった(p=0.670)。セツキシマブの有効性との関係が指摘されている有害事象、皮疹の有無による全生存期間の差もなかった(p=0.329)。

 手術可能かどうか、ボーダーライン上にあった膵癌患者のうち7人が完全切除可能となり、2人は生存中、2人は合併症により死亡した。切除を行った7人とそれ以外の患者で全生存期間を調べたところ、こちらも有意差はなかった(p=0.224)。

 放射線療法による部分奏効(PR)は19%、腫瘍の微量縮小(MR)は17%、安定(SD)は45%、進行(PD)は18%であり、57%の患者で何らかの効果が得られた。化学療法に伴う有害事象は、グレード3/4の血液毒性が13%、グレード3/4の消化器毒性が10%、倦怠感が3%、神経毒性が2%などだった。

 Crane氏は、「このレジメンは、有効性と安全性の面から十分忍容性があると思われた。手術を行わずに3年以上にわたり病勢をコントロールできる可能性がある。ゲムシタビンとセツキシマブ、ゲムシタビンとオキサリプラチンを比較する形でのフェーズ3試験を検討している」と結んだ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 糖尿病薬が膵癌に効果あり。NK細胞の培養の成功糖尿病薬が膵癌に効果あり。NK細胞の培養の成功 しばらくがん関係の記事を書いていないので、ニュースを2件。糖尿病治療薬、がんに有用の可能性米国から報告相次ぐ 米国がん研究協会(AACR)は3月末、糖尿病治療薬「メトホルミン」( […]
  • プロベンジの臨床試験に疑惑?プロベンジの臨床試験に疑惑? 自家ワクチンのセルメディスンニュースに「樹状細胞ワクチンProvengeは本当に効くのか、という論争が始まった」との記事がアップされています。 プロベンジ(Provengi […]
  • 腫瘍マーカの数値は信用できるのか?腫瘍マーカの数値は信用できるのか? 足利事件でDNA鑑定により犯人とされた菅家さんの無罪が確定したというニュースはまだ記憶に新しいが、先日(7/16)は神奈川県警で科学捜査研究所のDNA誤登録が原因で別人を逮捕した […]
  • 長岡大花火を中継で長岡大花火を中継で 長岡の花火を一度は見てみたいが、多分生きている間には叶わないなぁ。で、テレビ中継で。 平原綾香の歌「ジュピター」に合わせて上がる「フェニックス」がいちばん良かった。 […]
  • がんとケトン食がんとケトン食 インチキ食事療法と言われているケトン食だが、大阪大学のがん患者に対する症例研究では、成果が出てきつつある。 まだ症例研究の段階だが、期待が持てる結果だ。 大阪大学を中心と […]
  • 今日の一冊(118)『新章 神さまのカルテ』、SAKUさんのことも今日の一冊(118)『新章 神さまのカルテ』、SAKUさんのことも 医療には答えのない世界がある。 難病の診断、最先端の治療、最高の抗がん剤治療、そういったものについては膨大な知識と手段を有する医療は、しかし「死」を前にしたときにわかに沈黙する […]
  • がんになったらこれまでの生活を変えなければならないがんになったらこれまでの生活を変えなければならない 台風一過。昨日はきれいな夕焼けでした。Merrillは赤が苦手なのですが、今日の一枚はまぁまぁです。 がんになったら、これまでの生き方と考え方を変えなければいけないと言う。私た […]
  • 膵癌細胞診のミスで胃に転移したAさん膵癌細胞診のミスで胃に転移したAさん 先々週の出張で40mのタワーに垂直のモンキー梯子で上り下りして宿に帰ったら、ある方から自宅に連絡したいのだがとの伝言があった。 仮にAさんとしておくが、旧『すい臓がんカフェ […]
LINEで送る
Pocket

進行膵がんにセツキシマブ・ゲムシタビン・オキサリプラチン併用が有効” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    kibayashiさま。心中はお察しします。ご本人にはもう意識がないということですから、積極的な治療はほとんど難しいのではないでしょうか。
    簡単な文面だけから、アドバイスや意見など申し上げられませんが、今の患者の状態に合わせた適切な緩和医療は可能だと思います。医者へのセカンドオピニオンよりも緩和医療を実施して頂ける医療機関なりを探すべき時期かと思います。
    あきらめきれない気持ちがおありなら、もちろんセカンドオピニオンもやってみるべきでしょう。
    ただ、担当医の処置が間違っていたことを証明したいがためのセカンドオピニオンなら止めておきなさい。そんなことは患者の治療には何の役にも立ちません。良くも悪くも今の現状から出発し、今後どうするのが患者に一番かを考えるべきでしょう。そのためのセカンドオピニオンです。
    セカンドオピニオンに行かれるのでしたら、CTや血液検査の結果はもちろん、これまでの患者の様態など箇条書きにしておけばなお良いと思います。
    今後どのような治療を望むのかもはっきりさせておくことです。可能な限り延命を望むのか、穏やかな最後を望むのか、あるいはまだ回復の望みを持ってできる限りの治療法を探したいのか、というようなことです。
    蛇足ですが、このブログはがんの相談室ではなく、私の個人的なつぶやきの場です。このブログを見た同じ膵臓がん患者が、”自分なりに考える参考”になればというだけです。医学的知識の乏しい一患者ですので、適切な回答をする資格はございません。返信は書いてみましたが、あまり過信しないで欲しいと思います。

  2. kobayashi より:

    どうしたらいいか教えてください。
    すい臓がんの手術を去年して、約4ヶ月は順調に回復し、食欲も
    ありました。その後すこしづつ背中の痛みがでてきて、マーカーも
    あがってきました。
    12月からは食欲もおち、一月の7日くらいから(TS1を始めた頃)
    毎日ほんの少しのリンゴとにんじんジュース、葛湯をすこしの食生活
    。歩くのも大変でした。痛みも出ていました。それでも、
    仕事には歯を食いしばっていっていました。
    12月に痛みのことを主治医に話しました。何を食べても激しい下痢で
    、再発の痛みというよりも、胃腸のどこかがおかしいのではないかと
    訴えましたが、医者は再発だから仕方ないと、痛みに対しては
    麻薬と座薬をくれ、固形物は食べれなく飲み物だけしかうけつけなく
    なっている事実には何の処置もしてくれず、再発でしょうから
    しかたないと、アドバイスがなく、約二十日間水分だけの食事で
    、仕事を続けながら、体調がよくなるのをまってましたが、
    ついにたおれて、意識不明に陥ってしまいました。
    私は医者に、再発だからしょうがないとなんの処置もしなかった
    ことに疑問を感じています。
    本人はもう話せない状況にあるので、かわって医者にすべき事かったのか聞いてみるつもりです。
    そして、いまさら遅いかもしれませんが、倒れる直前の意識があり、まだ働いていた頃にとったCTをかりて、ほかの病院でセカンドオピニオンを聞くつもりです。
    その理由は、食べれない状況と激しい下痢の訴えにたいして、
    、癌だから仕方ないのですといわれるのか、それとも、なにか方法を考えてくれるのかを知りたいのです。
    もし同じく再発ですから仕方ないといわれたのなら、どこの病院も同じだと諦めがつくからです。
    その時の状況をはなして、食べれないことを訴えてもなにもアドバイスがもらえないのか、それとも何か方法を考えて一日でも長生きできるようにしてくれるのか、きいてみるつもりです。
    そして、再発だろうということでしたが、現在どれだけ進行していて、余命はどうか教えてもらうつもりです。
    でも私は話の組み立てなどあまりうまくおありません。
    なにか足りないこと、聞いたほうがいい事、もって行ったほうがいいものがあったら教えてください。血液検査の結果とCTを借りていくつもりです。私の行動に客観的な見方をお願いいたします。
    もうおこってしまった事だから、仕方ない、運命とあきらめたほうがいいのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です