スポンサーリンク

アブラキサンの第3相試験:FDA

LINEで送る
Pocket

DP1M1588雨の谷川岳の登山道にて


昨年12月に開催された、パンキャン主催の「膵がん勉強会 X’mas スペシャル 2012」において、杏林大学・古瀬純司先生が「FOLFIRINOXもまもなく国内での安全性確認の臨床試験が終わり、近々承認されるでしょう。アブラキサンも既に国内での臨床試験が始まっています。」と講演されましたが、それから1年が経とうとしています。ドラッグラグ解消が進んでいると厚生労働省は言うのですが、返って悪くなっているのではないかという気もします。

FOLFIRINOXは近々、転移性膵癌への保険適用になりそうです。しかし、あの地獄を見るような副作用では、対象となる患者は、身体状態の良い、若くて元気な患者、PS0(無症状で社会活動ができ、制限を受けることなく、発症前と同様に振舞える)、PS1(軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働、座業はできる。例えば軽い家事、事務など)の患者に限られるのでしょう。つまり、膵臓がんのステージⅣbで、腫瘍が遠隔転移しているが、外見上は正常な人と同じ患者が対象となるはずです。そしてFOLFIRINOXの投与を受けたとたんに重症患者になってしまうのでしょう。

FDAは9月に、転移性膵癌の第3相試験「MPACT」の結果を受け、ゲムシタビンとの併用でアブラキサンを転移性膵癌治療薬の第一選択薬として承認しました。MPACT試験の結果はASCO2013でも発表されていますが、査読済み論文としてニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン10月16日号オンライン版に掲載されています。

Imageyositakapc006

アブラキサンとゲムシタビンの併用療法を受けた患者はゲムシタビンの単剤療法を受けた患者と比べ、全生存期間で統計的に有意な改善を示すことが実証されました。(中央値が8.5カ月対6.7カ月、HR 0.72、p<0.0001)

アブラキサンとゲムシタビンの併用療法を受けた患者ほど(61%)、ゲムシタビン単独の患者と比べ(44%)、CA19-9の少なくとも20%低減を達成しました(p<0.0001)。治療開始8週までにCA19-9の20%低減を達成した患者における生存期間のランドマーク解析では、アブラキサンとゲムシタビンの併用療法を受けCA19-9反応を示した患者が、ゲムシタビン単独の患者と比べ、生存期間の有意な改善を示しました。(それぞれ13.2カ月と9.4カ月)(p<0.0001)

ASCO 2010では、アブラキサンとゲムシタビンの併用療法に結果、ダウンステージして手術が可能になった患者が23%いたと発表されたのですが、今回の試験結果ではそれらしき患者に触れていません。3年後には全員亡くなっています。

日本において保険で使える膵臓がんの薬はゲムシタビン、TS-1、タルセバの3種類ですが、タルセバとFOLFIRINOXは使える患者が制限されます。アブラキサンの早期承認が待たれるところです。

27日(日)にパンキャンの主催の『すい臓がん啓発パープルリボンセミナー2013 in 東京』でもこうした最新の話題が紹介されるのでしょう。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • モーツァルトはコルチゾールを下げるモーツァルトはコルチゾールを下げる 今日は朝からモーツァルト。弦楽五重奏曲第3番、フルート協奏曲にクラリネット協奏曲を続けて聴いた。モーツァルトは大きな音で聴いていても、ついうとうととなる。サイモントン療法やマイン […]
  • 【代替療法】ニンジンジュースより緑茶を飲みなさい【代替療法】ニンジンジュースより緑茶を飲みなさい 済陽式ゲルソン療法、星野式ゲルソン療法でニンジンジュースが推奨されているためか、がん患者でこれらの野菜ジュースを大量に飲んでいる患者がいますね。身体が冷えないのでしょうか […]
  • こりゃだめだ! e-クリニック 「e-クリニック」は阪神・淡路大震災のボランティアを経験した岡本裕医師たちが、「現代医療に欠落している部分を補うため」に「個人個人の抵抗力や治癒力にも配慮した治療法も合わせて行う […]
  • 話題のシンギュラリティー癌との関係は?話題のシンギュラリティー癌との関係は? 「シンギュラリティ」が話題になっています。AI(人工知能)が飛躍的に発展した結果、2045年までにはシンギュラリティ(技術的特異点)が来て、人間は永遠の命を得ることができるよ […]
  • テリーさんへの手紙テリーさんへの手紙 テリーさん。手術の成功と退院、おめでとうございます。今は少しは食事もとれるようになってきた頃でしょうか。 そしてこれから術後補助化学療法としての抗がん剤治療が始まりますね。 […]
  • やっと退院やっと退院 2度目の手術・入院からやっと退院しました。 「脊柱管狭窄症の手術なんて、膵臓がんに比べたらかすり傷」と考えていたのですが、傷口から黄色ブドウ球菌に感染し、39度の熱に、炎症 […]
  • 若冲展と南禅寺へ若冲展と南禅寺へ 若冲の絵には生命のダイナミクスと多様性、輝いている命とやがて死んでいく命が細部にまで克明に描かれていている。雄鳥は発情し、虫に食われた笹も描かれている。 若冲を介して老子と生命 […]
  • 情熱大陸「肝胆膵外科医:上坂克彦」治らないがんを治るがんへ 明日1月10日(日)23時からの『情熱大陸』(毎日放送・TBS系)は、静岡がんセンターの肝胆膵外科医、上坂克彦先生です。 膵がんの術後補助化学療法としては、ゲムシタビンが長く使わ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です