スポンサーリンク

がんと炎症(CRP値)

がん患者が血液検査をすると、CRPが高くなることがあります。

「C反応性蛋白(CRP)」は、細胞組織に傷がついたり、臓器や粘膜が炎症したときに、体が防衛反応として発生させるタンパク質です。C反応性蛋白の産生量は炎症反応の強さに相関するため、血清中のC反応性蛋白を定量して炎症反応の指標とすることができます。すなわち炎症が強いほど血清CRP値は高くなる。

身体に傷ができると免疫機能が作用して炎症反応を起こし、傷を修復します。修復が終われば炎症をなくします。炎症は免疫のための必要な機能ですが、がん細胞はいつまでも炎症反応を続けさせます。炎症反応を利用して自分のまわりに血管を作らせ、酸素や栄養分を補給して大きくなります。

炎症があるがん細胞の周囲では、本来はがん細胞を退治するはずの好中球やマクロファージががん細胞の成長を促す役割をするのです。さらに炎症細胞は、ガンと闘う主役のT細胞を寄せ付けず、がんを退治する能力さえも殺してしまいます。

つまり、がん患者の体内では免疫機能が落ちており、その上更に抗がん剤で免疫力を落とし、がん細胞の狡猾な働きによって、わずかに残ったT細胞すらも無力にされるのです。

日本の医者の多くは、このがんと炎症の関係にほとんど関心がないか、あってもそれへの対処方法を話してはくれません。しかし、CRP値などに代表される炎症性サイトカインの血中濃度が高い患者ほど再発しやすく、予後が悪く短命です。

ちなみに、私の血液検査項目にはCRP値はありません。術後の初期からCRP値は高くないので省略したのだろうと思います。

このブログでは何度も「がんと炎症」の関係について書いているので、右上の検索窓に「炎症」と入れて検索してください。いくつかを取り上げるとすれば、

さて、それでは不必要な炎症を抑え、CRP値を下げるにはどうすれば良いか。

Migファイトケミカルの豊富な機能性食品を摂る
緑茶、キャベツ、生姜、ブロッコリー、ニンニク、大豆、ラズベリー、ブルーベリー、(カカオ分70%以上の)ダーク・チョコレート、ターメリックなど。

●がんを育てる食品は摂らない
精製糖、精白米、精白小麦粉

より詳しくは、先日紹介した伊東恭悟先生の『がんを生きよう―あなたのT細胞が治療の主役です』が参考になります。

あなたの遺伝子に働きかける超代謝ダイエット―ニュートリゲノミクスに基づく7つのカギ今日は別の一冊、ハイマン博士の『あなたの遺伝子に働きかける超代謝ダイエット』から炎症に関する章を紹介します。これはダイエットの本ですが、炎症は肥満とも深い関係があるのですね。

肥満はがんの危険因子です。しかし、体重計ががんを作るわけではない。肥満によって体内に炎症が起き、炎症反応が身体に「闘争か逃走」の準備をさせてエネルギーを蓄える。より多く食べたくなる。そして肥満に。さらに肥満が炎症を・・・と、悪循環を繰り返すのです。

炎症に関する第11章の要点だけを列挙すると、

  • 食事とライフスタイルと運動を変えると、炎症が減る
  • 食物繊維を増やしただけでも、炎症とCRP値が下がる
  • 低GL(グリセミック負荷)の炭水化物が多く、飽和脂肪とコレステロールが少ない食事が炎症を減らす
  • オメガ3脂肪酸が豊富な食事は炎症を減らし、インスリン感受性を上げる
  • 大豆食品も炎症を下げる
  • 余分な糖や精製炭水化物、飽和脂肪、トランス脂肪は避ける
  • ストレスも炎症の原因である
  • 定期的な運動とマルチビタミンは優れた抗炎症剤である
  • 食べ物はエピジェネティックに遺伝子に働きかけ、炎症を引き起こすスイッチあるいは炎症を減らす遺伝子のスイッチを入れる
  • 酸化ストレスは炎症の主要な原因であり、NF-κB(核因子カッパB)を活性化させる。
  • NF-κBは125以上もの炎症性物質の産生を引き起こす
  • オメガ3脂肪酸(EPA,DHA)を摂ることは炎症を減らす最善の方法の一つである
  • ココアバター、ダーク・チョコレート(1日に60g以内とすること)、粗挽きカカオに含まれるオレオイルエタノール(OEA)は、NF-κBを遮断し、炎症と酸化ストレスを減らす
  • 新鮮なフルーツと野菜を摂り、加工食品は避ける
  • ラベルのない食品を摂るようにする。魚やトマトにはバーコード以外のラベル(成分表など)はない。こうした食物を多く摂るようにする

CRP値に関心を持ちましょう。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 代替医療をどのように選ぶ?代替医療をどのように選ぶ? 紫陽花も色づいてきた。紫陽花には雨がよく似合う。生き生きとしている。 雨の週末です。レインコートを着て屋上の排水溝を掃除しました。風で運ばれてきた埃が、詰 […]
  • 今日の一冊(100)『虚栄』久坂部羊今日の一冊(100)『虚栄』久坂部羊 今回は、作家で医師の久坂部羊氏の医療小説『虚栄』です。 末期がん患者に「もう治療法はありません」と言わなければならない医師の悩む姿と、言われた患者の納得でき […]
  • ガンとこんにゃくゼリーガンとこんにゃくゼリー                     […]
  • 米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』(3)米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』(3) 米国対がん協会ガイドライン『「がん」になってからの食事と運動』では、がんの食事療法の有効性をきちんとした科学的方法で評価することは難しい、と言っています。第一版が発行されて以来新 […]
  • ドクターXはナノナイフドクターXはナノナイフ 昨夜のドクターX観ました。 城ノ内先生が、ステージⅣaの局所進行膵癌(転移なし)で、門脈に腫瘍が絡んでいるため手術ができない。 そこで大門が不可逆電気穿孔法(IRE […]
  • 膵臓がんのWeb交流会、開催します!膵臓がんのWeb交流会、開催します! 二ヶ月ぶりですが、先日のアンケートを踏まえて『膵臓がん患者と家族の集い』のWeb交流会を開催します。 アンケートでは、オンラインでの開催を希望する声を多くいただきま […]
  • ストレスとがんの再発ストレスとがんの再発 ストレスホルモンが、休眠がん細胞を目覚めさせる がんサバイバーにとって再発は最も気がかりで避けたいことです。 ストレスががんを発生させるだけでなく、再発も起 […]
  • 因果関係より相関関係:ビッグデータの時代因果関係より相関関係:ビッグデータの時代 ノバルティス社のディオバン問題は検察の強制捜査が入っています。最初にこの問題が報道されたとき、統計処理をノバ社の社員に任せた、と報じられたのですが、「統計の分からない医者が臨床試 […]

コメントを残す