今日の一冊(55)帚木蓬生『受難 』

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

実験の計画やデータ整理があり多忙なのに、ついつい読みふけってしまいました。

帚木蓬生は『三度の海峡』以来、ほとんどの作品を読んでいます。今回の『受難』もまた、朝鮮を舞台にした作品です。

受難 (角川文庫)

受難 (角川文庫)

帚木 蓬生
1,056円(11/28 05:35時点)
発売日: 2019/03/23
Amazonの情報を掲載しています

母と二人で滝壺に転落して水死した高校生の姜春花(カンチュンファ=はるか)は、津村リカルド民男が拓いた博多細胞工学研究所で最先端のiPS細胞による再生医療によって、レプリカとして再生する。

その方法というのが、万能細胞を3Dプリンタを使ってインクジェット方式で噴射しながら、もとのからだと同じものを作り上げていくという方法。なるほど、インクジェットのインク粒子と細胞の大きさはほぼ同じだから、できなくはないのだろう。

そして、多数の高校生が犠牲になったフェリー「世越号」沈没事故、北朝鮮の最高指導者暗殺計画が絡んでくる。

祖父と暮らすことになったはるかは、救出された高校生らと連絡を取りながら、沈没事故の真相に迫ろうとするのだが、レプリカであるはるかの身体には、数ヶ月で皮膚に亀裂が生じ、顔も老婆のようになる。何度も3Dプリンタによる修復を繰り返さざるをえない。

冬の京都の描写もいいね。特に桂離宮の簡素な佇まいが目に浮かぶようです。(行ったことはないけど)

最後はあっと驚くどんでん返しで、姜春花のレプリカであるはるかは半年の命を終えるのですが、それを予期していたかのように、はるかは、多くの人と出会い、たくさんの旅をし、日本と韓国の食事を堪能し、それらの全てをスケッチとして書き残します。半年を、20年も30年分も生きたと。

細胞が劣化して皮膚に深いしわができる。修復すれば数ヶ月は元通りの生活ができるが、紫外線や激しい運動はダメ。そしていずれは内臓細胞にまで劣化が及んだら・・・。これって抗がん剤治療に似ています。抗がん剤が効けば生きられる。耐性が付けば新しい抗がん剤を。しかし、いずれは・・・。

そうしたときに、はるかのように十分にいのちを生き切ることができるだろうか、などと考えてしまいます。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 芋焼酎「六代目百合」芋焼酎「六代目百合」 長い正月休みですが、今年はどこにも出かける予定がない。今年もいろいろあったが、可もなく不可もなし。大掃除も終わったし、あとはのんびりとチェロを弾き、音楽を聴いて酒でも飲んで過ごす […]
  • 風邪でダウンしていました。風邪でダウンしていました。 新潟の撮影旅行から帰って以来、風邪が悪化してダウンしていました。「俺は癌になって以来風邪をひいたことがない」と自慢していましたが、これも今後は使えなくなりました。強行軍だったし、 […]
  • 市民公開講座 動画配信市民公開講座 動画配信 6月に行われた「第17回日本臨床腫瘍学会学術集会における市民公開講座」の動画が、YouTubeに8月21日に公開されていますね。私も申し込んだのですが、ちょうどSmile […]
  • ゴボウでがんが消えた話ゴボウでがんが消えた話 山あじさい 紫陽花ももう終わりかなぁ。今年は早いような気がする。 […]
  • がん患者のためのインターネット活用術 (3)がん患者のためのインターネット活用術 (3) ネットの情報はすぐに古くなります。Kindle本『がん患者のためのインターネット活用術 2017年 第2版: […]
  • 何となく引っかかる「闘病記」ということば何となく引っかかる「闘病記」ということば このブログを立ち上げたときのタイトルは「膵臓がん闘病記」でしたが、「闘病記」ということばになんとなく否定的な感触を覚えるので「サバイバーへの挑戦」と変えたのが昨年の8月でした。変 […]
  • なかにし礼『生きる力』なかにし礼『生きる力』 鷲神社の、なでおかめをSPPのモノクロモードで ステージ2Bの食道がんを、陽子線治療でCR(完全奏功)を勝ち取ったなかにし礼氏の『生きる力 […]
  • がん患者のためのインターネット活用術 (16) ネットの情報はすぐに古くなります。Kindle本『がん患者のためのインターネット活用術 2017年 第2版: […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です