ビタミンDの話題

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

201707121

という毎日新聞の記事がありました。

研究チームは2016年5月から1年間、同大の学生など20代の女性延べ101人について、日焼け止めの使用頻度や食生活など習慣などを調査した。その結果、日焼け止めを週3回以上使うグループの血中ビタミンD濃度の平均は、通年で基準を下回る「欠乏状態」だったという。厚生労働省によると、骨や健康を保つビタミンDの血中濃度の基準は1ミリリットルあたり20ナノグラム以上で、それを下回る場合は欠乏状態とされる。

太陽光(紫外線)を浴びれば、必要なビタミンDは必要量を体内でつくることができるのですが、日焼けによるシミ、ソバカスを嫌ってクリームを塗ったり、真夏でも長袖のシャツを着ている女性の方も多いですね。

骨粗鬆症などのリスクが高くなるのはもちろんですが、ビタミンDの研究は大きく変わりつつあります。その効用が骨の形成だけにとどまらないことがわかってきました。ビタミンDが強力な抗がん作用をもつことや免疫応答の重要な調節因子として働いていることを示す証拠が数多く見つかっているのです。

ビタミンDがその優れた効果を最大限に発揮できるのは、血中に相当量が存在する場合であることもわかってきています。たいていの人のビタミンD血中濃度はそれよりも低いのです。さらに追い打ちをかけて日焼け止めクリームを塗ると、一年中ビタミンD不足の状態になりかねないのです。

75035ffa11e6d35620df4a4aa1ac57f1

美容と健康のバランスをどう取るか、ビタミンDの豊富な魚などを積極的に食べるようにしましょう。それでも足りない場合にはサプリメントを考えてみましょう。

また、こんな記事もあります。

ビタミンDが不足している人は20年近くのうちに死ぬリスクが高い

ビタミンD血中濃度が最低(54pg/mL未満)だったグループは最高だったグループ(78.2pg/mL以上)に比べて総死亡リスクが54%高い。

血中濃度が高い人(約125nmol/ml超)に比べて早死にするリスクが90%高い。

国立環境研究所(茨城県つくば市)の研究によると、冬の札幌でも76分間の日光浴で成人が1日に必要とする量のビタミンDを作れます。 スペインのバレンシアで行われた研究では、真冬の1月に 1,000IUのビタミンDを得るには130分間の日光浴が必要だという結果になっています。
十分なビタミンDを得るのに必要となる日光浴の時間は、服装(長袖か半袖かなど)や姿勢の影響を受けるので、日光にさらされる皮膚の範囲が狭ければ必要となる日光浴の時間が長くなります。 一般的には、日光に当たりすぎてもビタミンDが過剰に作られる心配はありません。

私が日常的に摂っているのは、大塚製薬の「ネイチャーメイド スーパービタミンD(1000I.U.) 90粒」です。

ビタミンDが1000I.U.含まれていて、90錠で700円程度と廉価です。

このブログのビタミンDに関する記事を以下にリンクしました。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事