ビタミンDの話題

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

201707121

という毎日新聞の記事がありました。

研究チームは2016年5月から1年間、同大の学生など20代の女性延べ101人について、日焼け止めの使用頻度や食生活など習慣などを調査した。その結果、日焼け止めを週3回以上使うグループの血中ビタミンD濃度の平均は、通年で基準を下回る「欠乏状態」だったという。厚生労働省によると、骨や健康を保つビタミンDの血中濃度の基準は1ミリリットルあたり20ナノグラム以上で、それを下回る場合は欠乏状態とされる。

太陽光(紫外線)を浴びれば、必要なビタミンDは必要量を体内でつくることができるのですが、日焼けによるシミ、ソバカスを嫌ってクリームを塗ったり、真夏でも長袖のシャツを着ている女性の方も多いですね。

骨粗鬆症などのリスクが高くなるのはもちろんですが、ビタミンDの研究は大きく変わりつつあります。その効用が骨の形成だけにとどまらないことがわかってきました。ビタミンDが強力な抗がん作用をもつことや免疫応答の重要な調節因子として働いていることを示す証拠が数多く見つかっているのです。

ビタミンDがその優れた効果を最大限に発揮できるのは、血中に相当量が存在する場合であることもわかってきています。たいていの人のビタミンD血中濃度はそれよりも低いのです。さらに追い打ちをかけて日焼け止めクリームを塗ると、一年中ビタミンD不足の状態になりかねないのです。

75035ffa11e6d35620df4a4aa1ac57f1

美容と健康のバランスをどう取るか、ビタミンDの豊富な魚などを積極的に食べるようにしましょう。それでも足りない場合にはサプリメントを考えてみましょう。

また、こんな記事もあります。

ビタミンDが不足している人は20年近くのうちに死ぬリスクが高い

ビタミンD血中濃度が最低(54pg/mL未満)だったグループは最高だったグループ(78.2pg/mL以上)に比べて総死亡リスクが54%高い。

血中濃度が高い人(約125nmol/ml超)に比べて早死にするリスクが90%高い。

国立環境研究所(茨城県つくば市)の研究によると、冬の札幌でも76分間の日光浴で成人が1日に必要とする量のビタミンDを作れます。 スペインのバレンシアで行われた研究では、真冬の1月に 1,000IUのビタミンDを得るには130分間の日光浴が必要だという結果になっています。
十分なビタミンDを得るのに必要となる日光浴の時間は、服装(長袖か半袖かなど)や姿勢の影響を受けるので、日光にさらされる皮膚の範囲が狭ければ必要となる日光浴の時間が長くなります。 一般的には、日光に当たりすぎてもビタミンDが過剰に作られる心配はありません。

私が日常的に摂っているのは、大塚製薬の「ネイチャーメイド スーパービタミンD(1000I.U.) 90粒」です。

ビタミンDが1000I.U.含まれていて、90錠で700円程度と廉価です。

このブログのビタミンDに関する記事を以下にリンクしました。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(67)『副作用のない抗がん剤の誕生』   タイトルからトンデモ本ではないかと、スルーしていたが、機会があったので読んでみた。著者の奥野修司氏は『看取り先生の遺言』を上梓しており、ブログでも紹介したことが […]
  • 身延山久遠寺の枝垂れ桜、実相寺の神代桜身延山久遠寺の枝垂れ桜、実相寺の神代桜 25日に、身延山久遠寺の祖師堂前悠久の枝垂れ桜と実相寺の神代桜を撮りに行ってきました。東京からは約190km、3時間のドライブ。午前3時半に身延山の無料駐車場に到着したら、すでに […]
  • 高尾山へ紅葉ドライブ高尾山へ紅葉ドライブ 高尾山に行ってきました。午前4時に出発し、麓駐車場には5時半到着。夜が白みかける6時になるのを待って1号路を登って行きました。 ゆっくりと約2時間かけて山頂に到着。さすがに […]
  • 今日の一冊(25) 『東大病院を辞めたから言えるがんの話』今日の一冊(25) 『東大病院を辞めたから言えるがんの話』 東大病院を辞めて、がん専門のセカンドオピニオン外来「東京オンコロジークリニック」を開設した大場大医師の本です。 場所は帝国ホテルタワー15階にあるらしい。う~ん、賃 […]
  • 人はなぜ死を恐れるのか?人はなぜ死を恐れるのか? 人はどうして死ぬことを恐れるのか? がんの告知を受けたらだれでも「死」が頭をよぎります。がんが治る病気になったとはいえ、やはり「がん=死」という受け止め方が普通だと思うし、 […]
  • がん性悪疫質にアナモレリンが効果がん性悪疫質にアナモレリンが効果 先週、神戸で開催された「第16回 […]
  • 吾が生既に蹉陀(さだ)たり。諸縁を放下すべき時なり。吾が生既に蹉陀(さだ)たり。諸縁を放下すべき時なり。 吉田兼好のように、諸縁を切り離して、我が心のままに生きようと決めたのでした。あれから12年経ち、たまたま生き残っただけのことですが、当時の気持ちは今でも持ち続けているつもりです。 […]
  • 心が免疫系に与える影響 心と免疫系との関係を研究する「精神神経免疫学(PNI)」に関する、信頼のおける科学的な情報が、最近では殆ど発表されません。そうしたなかで、1986年初版の『精神生物学―心身の […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です