【代替療法】ニンジンジュースより緑茶を飲みなさい

スポンサーリンク
【日 時】2018年12月23日(天皇誕生日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森 4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演「私が手術、抗がん剤をやめたわけ」:待夢さん、SAKUさん
●患者さんどうしの情報交換会
●二次会(希望者だけ)

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら
Pocket
LINEで送る

3c22e32a1e72b45ac4b23d5faeed6cd4_s

済陽式ゲルソン療法、星野式ゲルソン療法でニンジンジュースが推奨されているためか、がん患者でこれらの野菜ジュースを大量に飲んでいる患者がいますね。身体が冷えないのでしょうか。足湯や温浴をしながら身体を冷やすとは、ちょっと的外れな気もします。

済陽高穂や星野仁彦氏らは、内容を少しだけ変えた本を頻繁に出版しているので、本屋の健康コーナーにいけば彼らの本が真っ先に目に飛び込んできます。がん患者が手に取るのも無理はありません。

済陽式療法の治療成績は、ほとんどがステージIVの進行がん患者420例のうち57例も完全治癒したとのことです。すごい!!

これならノーベル医学賞の候補になりますね。来年辺りは期待しましょう。いや、その前に論文を公表して済陽式を世界に広めれば、まともな医療を受けることもできない発展途上国のがん患者も含めて、もっと多くのがん患者を救うことができます。済陽高穂の名が永遠に後世まで残るでしょう。ぜひお願いします。

βカロチンの大量摂取は肺がんを増やす

ところで、ニンジンはβカロチンの含有量が野菜の中ではトップです。糖質も意外と多い。

膵臓ガン予防に効果がある抗酸化物質と効果がない抗酸化物質」では、中国におけるメタ解析で、「ビタミンC・ビタミンE・βカロチン・βクリプトキサンチン・セレンについては、摂取量が多い場合に膵臓ガンのリスクが低くなっていました。」と発表されています。しかし、それも程度問題でしょう。予防に効果があっても、すでにがんを宿した患者に効果があるとは限りません。

βカロチンは一時肺がんに効果がある(かもしれない)抗酸化サプリとしてもて囃されました。そこで4つの臨床試験をメタ解析した結果、逆に肺がんを増やすという結果が出たのです。

Img_765ccfc65ded6f14863faa241b9ce20

■が4つの臨床試験結果、◆がそのメタ解析で、95%信頼区間で1の右に位置しているということは、プラセボ群よりも発症が多く、右に行くほど多くなります。

これは肺がん患者の例ですが、昨今は臓器で癌腫を区別するよりも遺伝子異常で区別する傾向(プレシジョン・メディシン)に向かっていることを考慮すれば、他のがんでもβカロチンの大量摂取でがん細胞を増加させる、と考えて不思議はありません。

過剰なインスリン分泌は、がん細胞を増殖させる

これはもう常識ですね。十分な科学的根拠のある説です。

過剰なインスリンは、酸化ストレスとなり、がん、老化、動脈硬化、糖尿病合併症、アルツハイマー病など様々な生活習慣病のリスクとなります。(江部康二医師の著作より)

糖尿病の方で、がんリスクが高まる理由としては、血液中のインスリン濃度が高いこと、血糖値が高いこと、炎症などが関与すると考えられています。(糖尿病情報センターより)

ニンジン100gには9.0gの炭水化物が含まれています。1gの炭水化物は血糖値を3mg上昇させるといいますから、100gでは27mgの上昇です。

こんなものを毎食摂っていれば食後のグルコース・スパイクが起きてあたりまえですね。がん細胞は大喜びでしょう。

ニンジンジュースなんか止めて、緑茶を飲みましょう。こちらがよほど効果が期待できます。

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • やはりストレスはがんによくない-国立がん研究センターの研究やはりストレスはがんによくない-国立がん研究センターの研究 1月20日、国立がん研究センターが『自覚的ストレスとがん罹患との関連について』というコホート研究の成果を発表しています。 マスコミでも話題になったのですが、 今回 […]
  • がんの自然退縮ってどれくらいあるの?がんの自然退縮ってどれくらいあるの? 自然退縮は結構ある 治らないがんを宿した患者なら、誰しも「自分のがんだけは奇跡的に治って欲しい」と願うものです。そして、がんの「自然治癒」「自然寛解」「自然退縮」という現象 […]
  • エピジェネティクスでがんの自然退縮を説明するエピジェネティクスでがんの自然退縮を説明する 前回の記事の続きです。 がんの自然退縮とエピジェネティクス エピジェネティクスについて、「がん情報サービス」の「細胞ががん化する仕組み」では次のように説明されています […]
  • がんの遺伝子は瞑想でオフにできるがんの遺伝子は瞑想でオフにできる 瞑想によって脳波が同調する マインドフルネスなどの瞑想をすることで、遺伝子のスイッチをオフにできる。これが科学的に実証されつつあります。 マインドフルネスでも用いられ […]
  • 運動は、心の平安に次いで重要運動は、心の平安に次いで重要 運動は腫瘍の成長を抑える 統合医療で一番効果があると私が実感するのは、瞑想やマインドフルネス、あるいはサイモントン療法による「心の平安」です。 そして、次に効果がある […]
  • がんのイメージ療法-サイモントン療法がんのイメージ療法-サイモントン療法 がんのイメージ療法 最近はサボっていますが、膵臓がんの手術後から5年目頃までは朝晩2回、ときには昼食後もイメージ療法を行なっていました。サイモントン療法です。 サイモント […]

【代替療法】ニンジンジュースより緑茶を飲みなさい” に対して1件のコメントがあります。

  1. 金魚 より:

    師匠!
    いつもお世話になっています~
    また、勝手に引用させていただきました・・・
    ビタミンCもやはりインチキのようです。。残念だな。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です