スポンサーリンク

今日の一冊(120)『オリジン』我々はどこから来たのか?

ゴーギャン:我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか

昨日は、大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典」が多摩川の河川敷で行われるはずでしたが

台風の影響による激しい雨が予想されたので中止となりました。花火を撮影するべく準備を整えていたのですが残念です。

時間もできたので、ダン・ブラウンの『オリジン』を読み通しました。

オリジン 上 (角川文庫)

オリジン 上 (角川文庫)

ダン・ブラウン
792円(09/18 02:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク

ITとAIとシンギュラリティを絡めたダン・ブラウンの最新作です。

天才科学者でプログラマーのエドモンド・カーシュが、人類の起源と未来に関する最大の謎を解いた。

「我々はどこから来たのか。我々はどこへ行くのか」

神が生命を創造したという宗教にとっては、脅威となる発見だという。結局カーシュは、新発見を発表するプレゼンテーション中に暗殺されるのだが、そこからラングドン教授と美貌の見術間官庁であり、スペイン王子の婚約者であるアンブラ・ビダルの逃走劇が始まる。

それを助けるのが、ハーシュがプログラミングした人工知能のウィンストンだ。

そして、天才科学者ハーシュは、実は膵臓がんを患っており、余命はわずかだと自分でも分かっている。彼の隠れ家からはジェムザールやフルオロウラシルが見つかる。

ガゥディの建造物や、数々の見術作品に対する描写は、さすがブラウンと思わせる。

我々はどこから来たのか:エントロピーを効率よく散逸させるためには、一定の秩序が必要であり、そうして原始の海から生命が生み出された。これを量子コンピューターのシミュレーションによって証明した。

我々はどこへ行くのか:結末は・・・我々人類はあと50年で滅ぶ運命にある。そしてITと合体したサイボーグとなる。ま、シンギュラリティを肯定した結末だ。

私はシンギュラリティはやってこないと考えているのだが、ダン・ブラウンとは見解が違ったようだ。

しかし一気に読ませる小説には違いない。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 日本発のライナック型メリディアンを江戸川病院が導入日本発のライナック型メリディアンを江戸川病院が導入 MRIdian Linac System 【クリーブランド2021年2月4日PR Newswire=共同通信JBN】ViewRay, […]
  • シベリウスのヴァイオリン協奏曲シベリウスのヴァイオリン協奏曲 シベリウスのヴァイオリン協奏曲は、ベートーベンのそれと同じ程度に私の好きなヴァイオリン協奏曲だ。どちらかと言えばシベリウスのほうが、北欧の雰囲気を感じさせて、好みだと言える。シベ […]
  • がん患者にはどのような食事がよいのか?がん患者にはどのような食事がよいのか? がんになってからの食事はどのように気を付ければ良いでしょうか。主治医の先生に聞いて見ても多分「好きなものを食べていいですよ」とか、「これまでどおりでいいですがバランス良い […]
  • 日本癌学会、OTSが朝日新聞に抗議声明日本癌学会、OTSが朝日新聞に抗議声明 朝日新聞は傷口が大きくならないうちに、謝罪をした方がよいのになぁ。OTSは「医学的誤り・事実誤認はおろか、ねつ造と判断せざるを得ない重大な問題が多数含まれ」と指摘していますが、「 […]
  • がんゲノム医療の公開講座がんゲノム医療の公開講座 今、がん診療の新しい時代を迎えようとしています。がんゲノム診療は今、医療者にとってだけでなく、がん患者、家族、市民、あらゆる立場にとっても「革新への挑戦と変革」の時です。この市民 […]
  • なぜ患者は夢の治療法に惹かれるのか?なぜ患者は夢の治療法に惹かれるのか? パンキャン・ジャパン静岡支部の石森恵美さんのインタビュー記事がBuzzFeedに掲載されています。 「夢の治療法」「副作用なし」 怪しい免疫療法になぜ患者は惹かれる […]
  • 不整脈は無理に治さない方が良い不整脈は無理に治さない方が良い 不整脈が治まらないので、心電図を取ってもらいました。伊豆の旅行でも意識レベルが低下していたのか、交差点で信号を見落として危ない思いをしたのです。 膵癌の手術のときにも不整脈が問題 […]
  • 深層心理が免疫細胞のエピジェネティクスに変化をもたらす深層心理が免疫細胞のエピジェネティクスに変化をもたらす エピジェネティクスについてはずいぶんと書いてきました。(最後にリンクを貼ってあります) 「環境と遺伝子の間:あなたのエピジェネティクスは常に変化している」で、 ス […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です