今日の一冊(120)『オリジン』我々はどこから来たのか?

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

ゴーギャン:我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか

昨日は、大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典」が多摩川の河川敷で行われるはずでしたが

台風の影響による激しい雨が予想されたので中止となりました。花火を撮影するべく準備を整えていたのですが残念です。

時間もできたので、ダン・ブラウンの『オリジン』を読み通しました。

ITとAIとシンギュラリティを絡めたダン・ブラウンの最新作です。

天才科学者でプログラマーのエドモンド・カーシュが、人類の起源と未来に関する最大の謎を解いた。

「我々はどこから来たのか。我々はどこへ行くのか」

神が生命を創造したという宗教にとっては、脅威となる発見だという。結局カーシュは、新発見を発表するプレゼンテーション中に暗殺されるのだが、そこからラングドン教授と美貌の見術間官庁であり、スペイン王子の婚約者であるアンブラ・ビダルの逃走劇が始まる。

それを助けるのが、ハーシュがプログラミングした人工知能のウィンストンだ。

そして、天才科学者ハーシュは、実は膵臓がんを患っており、余命はわずかだと自分でも分かっている。彼の隠れ家からはジェムザールやフルオロウラシルが見つかる。

ガゥディの建造物や、数々の見術作品に対する描写は、さすがブラウンと思わせる。

我々はどこから来たのか:エントロピーを効率よく散逸させるためには、一定の秩序が必要であり、そうして原始の海から生命が生み出された。これを量子コンピューターのシミュレーションによって証明した。

我々はどこへ行くのか:結末は・・・我々人類はあと50年で滅ぶ運命にある。そしてITと合体したサイボーグとなる。ま、シンギュラリティを肯定した結末だ。

私はシンギュラリティはやってこないと考えているのだが、ダン・ブラウンとは見解が違ったようだ。

しかし一気に読ませる小説には違いない。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(17)『がんとの賢い戦い方』 先月24日に肝内胆管がんで亡くなった川島なお美さんが、近藤誠氏のセカンドオピニオンを受けていたらしいという記事がありますね。 『川島なお美さん […]
  • 今日の一冊(106)「1分でも長生きする健康術」大津秀一今日の一冊(106)「1分でも長生きする健康術」大津秀一 健康のために大切なのは情報です。より正確に言えば「情報の吟味力」です。特にがん治療においては正しい情報を持っているかどうかは、患者の余命を大きく左右することがあります。がん患者は […]
  • 今日の一冊(96)『美しき免疫の力』今日の一冊(96)『美しき免疫の力』 『美しき免疫の力』人体の動的ネットワークを解き明かす 読み応えのある本でした。読み終わるのに1週間かかりました。免疫学者たちの探究が、まるでシャーロック・ホームズの活躍を見 […]
  • 新しいがん治療新しいがん治療 東京新聞って、朝日や読売に比べて医療記事が少ないのですが、本日の特集は「新しいがん治療」 CAR-T療法、光免疫療法、ウイルス療法の紹介でした。 CAR-T療 […]
  • 今日の一冊(123)『山中静夫氏の尊厳死』南木佳士今日の一冊(123)『山中静夫氏の尊厳死』南木佳士 人間が死んでいくことの意味、最期まで生き抜くってどういうことなのか、その意味を問うているのです。 「私にはやっておきたいことがあるのです」という山中さんは、毎日外出許可をも […]
  • 今日の一冊(122)『ガンとわかったら読む本』佐藤典宏今日の一冊(122)『ガンとわかったら読む本』佐藤典宏 ガンの治療においては、告知後、患者さんが決断を迫られるポイントがいくつもあります。そのそれぞれのポイントで、 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。