スポンサーリンク

今日の一冊(120)『オリジン』我々はどこから来たのか?

LINEで送る
Pocket

ゴーギャン:我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか

昨日は、大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典」が多摩川の河川敷で行われるはずでしたが

台風の影響による激しい雨が予想されたので中止となりました。花火を撮影するべく準備を整えていたのですが残念です。

時間もできたので、ダン・ブラウンの『オリジン』を読み通しました。

オリジン 上 (角川文庫)

オリジン 上 (角川文庫)

ダン・ブラウン
350円(06/16 02:00時点)
Amazonの情報を掲載しています

ITとAIとシンギュラリティを絡めたダン・ブラウンの最新作です。

天才科学者でプログラマーのエドモンド・カーシュが、人類の起源と未来に関する最大の謎を解いた。

「我々はどこから来たのか。我々はどこへ行くのか」

神が生命を創造したという宗教にとっては、脅威となる発見だという。結局カーシュは、新発見を発表するプレゼンテーション中に暗殺されるのだが、そこからラングドン教授と美貌の見術間官庁であり、スペイン王子の婚約者であるアンブラ・ビダルの逃走劇が始まる。

それを助けるのが、ハーシュがプログラミングした人工知能のウィンストンだ。

そして、天才科学者ハーシュは、実は膵臓がんを患っており、余命はわずかだと自分でも分かっている。彼の隠れ家からはジェムザールやフルオロウラシルが見つかる。

ガゥディの建造物や、数々の見術作品に対する描写は、さすがブラウンと思わせる。

我々はどこから来たのか:エントロピーを効率よく散逸させるためには、一定の秩序が必要であり、そうして原始の海から生命が生み出された。これを量子コンピューターのシミュレーションによって証明した。

我々はどこへ行くのか:結末は・・・我々人類はあと50年で滅ぶ運命にある。そしてITと合体したサイボーグとなる。ま、シンギュラリティを肯定した結末だ。

私はシンギュラリティはやってこないと考えているのだが、ダン・ブラウンとは見解が違ったようだ。

しかし一気に読ませる小説には違いない。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 池上梅園の梅が見頃池上梅園の梅が見頃 雨も上がったので、今日は池上梅園まで散歩写真。 スライドショー「池上梅園」 65歳以上は無料なので、入口で免許証を見せて入場した。全体的に見頃の様子。早咲きの […]
  • 重粒子線よりも手術重粒子線よりも手術 今週の初めにまた一人膵臓がんのブログ主さんが旅立たれました。家族の方でしょうか、最後の記事だとして報告されていました。 その中で気になったのは、亡くなられた患者さん […]
  • がん患者に金を使うのは・・・がん患者に金を使うのは・・・ […]
  • モーツァルトを聴きながらモーツァルトを聴きながら 長田弘の詩集にこんな詩があった。 モーツァルトを聴きながら 住むと習慣は、おなじ言葉をもっている。 住む(inhabit)とは、 日々を過ごすこと。日々を過ごすと […]
  • Web交流会、終わりましたWeb交流会、終わりました 初めての『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会が無事に終わりました。 無事とも言えないか。 予想通り、マイクやスピーカーの接続不良に悩まされました。準備に3 […]
  • 抗がん剤による真の延命効果は10%程度しかない抗がん剤による真の延命効果は10%程度しかない 抗がん剤は効くのか効かないのか、効くとすればどの程度なのか。再発予防効果はどれくらいあるの? 統計の罠とは?そうした疑問に答えます。 クロスオーバー試験とは 近 […]
  • 今日の一冊(26) いろいろ 15歳で膵臓がんの画期的な検査法を発明したジャック・アンドレイカの物語。15歳にしては立派な文章を書くなぁ。 ゲイだということで、学校でもいじめられ自殺未遂もする。大好 […]
  • 今日の一冊(53)『孤独を克服するがん治療』 このブログでも時々紹介している『がん治療の虚実』sho先生の初めての本です。 ブログ『がん治療の虚実』では、がん治療の科学的根拠を一般の患者にも分かりやすく丁寧に説明してく […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です