スポンサーリンク

モーツァルト ピアノ協奏曲第20番


内田光子のピアノ、ジェフリー・テイトがイギリス室内管弦楽団を指揮したモーツァルト ピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466。

これまでと違うピアノの響きに、一瞬「あれっ」と思いました。

アシュケナージがピアノ演奏と指揮をするCDを持っているのですが、アシュケナージの演奏が平板で色あせて感じるほどです。モーツァルトのピアノ協奏曲なら内田!といわれるわけが分かります。内田は第一楽章のカデンツァにベートーベンのものを採用しています。いやいや、これも楽しめます。

モーツァルトのピアノ協奏曲は27曲ありますが、短調はこの20番と24番ハ短調K.491だけです。哀愁を帯びたモーツァルトを内田が柔らかく豊かに弾いています。しかし、モーツアルトの協奏曲は長調でも短調の響きがするから不思議です。

評論家の中野雄氏によると、この演奏でのピアノの調律法が違うのだと言います。

平均律ではなく、ヴェルクマイスター第3といわれる18世紀の古典調律法に、日本の名調律師である辻文明が手を加えた独特の調律法だとか。

スポンサーリンク

なるほど、それであの豊かな響きが生まれるのか。(といっても、音律の理論的なことになると頭が混乱してくるので自信がないが)

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番/同第21番

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番/同第21番

内田光子
5,800円(09/17 13:04時点)
Amazonの情報を掲載しています

ジェフリー・テイトの指揮するイギリス室内管弦楽団の演奏もメリハリがあって素直な演奏です。オケとピアノと調律師の三者がいてなしえた演奏ですね。

第21番ハ長調K.467も同じコンビだとか。

AndroidのアプリにgStringsというチューナー・アプリがあります。私がチェロのチューニングするときに、ちょっこっと便利に使っているアプリですが(腰を痛めてからしばらくチェロも弾いてないなぁ)、これにはちゃんとヴェルクマイスターの1~4までの音律設定がありました。優れものです。

20131201_080054_2
20131201_080005_2

オーケストラも同じような調弦をしたのでしょうか。彼らのようなレベルのプロなら、弦楽器ではちょっとした弓の重みの載せ加減、指の抑え加減で数セントの違いなどは弾きわけられるのでしょう。オケとピアノのハーモニーも美しい録音です。

モーツァルトの音楽はがんに効果があるのか? 次回に続きます。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 中島梓と良寛の死 中島梓(栗本薫)さんが5月に膵臓がんで亡くなっています。その最後の日記が『 転移』という本になり出版されています。 自分でも「記録魔」と言うくらいですから、しかも作家の本性で […]
  • がんサバイバーのためのヨガがんサバイバーのためのヨガ Smile […]
  • 心が免疫系に与える影響(3)心が免疫系に与える影響(3) 『精神生物学―心身のコミュニケーションと治癒の新理論』では、「肉体の病気を、心や精神的な方法を用いて治療することが本当に可能なのか」という疑問に、現在得られている科学的知識をもと […]
  • 肥満は膵がん術後の死亡率を2倍にする肥満は膵がん術後の死亡率を2倍にする 玄関先にスノーフレーク(鈴蘭水仙)が咲きました。pivoさんからこの花の名前を教えていただきました。 体格指数(BMI)の値が35を超える肥満者は、リンパ節 […]
  • シュレベールが、がん患者に残した「大切な遺言」 シュレベールは、自分の最期の時に流して欲しい音楽を決めてあったのです。それは、ダニエル・バレンボイムが指揮・ピアノ演奏する、モーツァルトのピアノ協奏曲第23番イ長調 K.488 […]
  • 今日の一冊(39)『鹿の王』 上橋菜穂子の新作『鹿の王』は、異世界を舞台にした謎の病を追う医療サスペンスであり、異文化との交流を正と負の側面から描く物語である。 病とは何か、免疫とは何かが、人はなぜ死ぬ […]
  • オンコセラピー・サイエンスの今後の方針オンコセラピー・サイエンスの今後の方針 オンコセラピー・サイエンス株式会社の今後の開発方針がでています。今後は「オンコアンチゲン」由来のペプチドを重点的に研究開発する。4月から予定のOCV-C01を用いた膵臓がんに対す […]
  • 癌で死ぬことはそんなに悪いものじゃない癌で死ぬことはそんなに悪いものじゃない 膵臓がんを告知されて、いよいよ覚悟を決めなくてはならなくなった。決して強がっているわけではないが、このように考えた。 いまや日本人の男性なら2人に一人、女性は3人に一人は癌 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です