スポンサーリンク

モーツァルト ピアノ協奏曲第20番

LINEで送る
Pocket


内田光子のピアノ、ジェフリー・テイトがイギリス室内管弦楽団を指揮したモーツァルト ピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466。

これまでと違うピアノの響きに、一瞬「あれっ」と思いました。

アシュケナージがピアノ演奏と指揮をするCDを持っているのですが、アシュケナージの演奏が平板で色あせて感じるほどです。モーツァルトのピアノ協奏曲なら内田!といわれるわけが分かります。内田は第一楽章のカデンツァにベートーベンのものを採用しています。いやいや、これも楽しめます。

モーツァルトのピアノ協奏曲は27曲ありますが、短調はこの20番と24番ハ短調K.491だけです。哀愁を帯びたモーツァルトを内田が柔らかく豊かに弾いています。しかし、モーツアルトの協奏曲は長調でも短調の響きがするから不思議です。

評論家の中野雄氏によると、この演奏でのピアノの調律法が違うのだと言います。

平均律ではなく、ヴェルクマイスター第3といわれる18世紀の古典調律法に、日本の名調律師である辻文明が手を加えた独特の調律法だとか。

なるほど、それであの豊かな響きが生まれるのか。(といっても、音律の理論的なことになると頭が混乱してくるので自信がないが)

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番/同第21番

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番/同第21番

内田光子
5,800円(03/03 16:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
音律と音階の科学 新装版 ドレミ…はどのように生まれたか (ブルーバックス)

音律と音階の科学 新装版 ドレミ…はどのように生まれたか (ブルーバックス)

小方 厚
1,100円(03/03 16:27時点)
発売日: 2018/05/16
Amazonの情報を掲載しています

ジェフリー・テイトの指揮するイギリス室内管弦楽団の演奏もメリハリがあって素直な演奏です。オケとピアノと調律師の三者がいてなしえた演奏ですね。

第21番ハ長調K.467も同じコンビだとか。

AndroidのアプリにgStringsというチューナー・アプリがあります。私がチェロのチューニングするときに、ちょっこっと便利に使っているアプリですが(腰を痛めてからしばらくチェロも弾いてないなぁ)、これにはちゃんとヴェルクマイスターの1~4までの音律設定がありました。優れものです。

20131201_080054_2
20131201_080005_2

オーケストラも同じような調弦をしたのでしょうか。彼らのようなレベルのプロなら、弦楽器ではちょっとした弓の重みの載せ加減、指の抑え加減で数セントの違いなどは弾きわけられるのでしょう。オケとピアノのハーモニーも美しい録音です。

モーツァルトの音楽はがんに効果があるのか? 次回に続きます。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 『モモ』で考える、時間と死『モモ』で考える、時間と死 ミヒャエル・エンデの『モモ』は、灰色の男たち=時間どろぼうを登場させることによって、時間の節約=効率主義が、人々から人生のゆとりと生き甲斐を奪うということを、ファンタジーの形式で […]
  • ためしてガッテン 掛川茶 12日放映のNHK「ためしてガッテン」の影響で、インターネットの販売サイトでも掛川茶が飛ぶように売れているようです。在庫切れの店舗も出ているようで、テレビの影響は本当にすごいです […]
  • 新型コロナウイルスへの対応はこれ新型コロナウイルスへの対応はこれ 新型ウイルスの感染が世界に広まったことはこれまでに何度もあります。最も有名なのは100年前のスペイン風邪です。5億人が発症して5000万人が亡くなったと言われています。それに対し […]
  • 週刊新潮に膵臓がんの最近治療情報週刊新潮に膵臓がんの最近治療情報 週刊新潮の11月26日号に、富山大学附属病院 […]
  • 今年一番印象に残った本『AI VS. 教科書が読めない子どもたち』今年一番印象に残った本『AI VS. 教科書が読めない子どもたち』 今年読んだ本で最も印象に残ったのは、数学者 新井紀子氏の『AI VS. 教科書が読めない子どもたち』です。 新井氏は、 AI […]
  • 入院前の検査入院前の検査 癌研で入院前の検査。 持病の不整脈が手術に影響するかどうか、内科の先生の診察を受ける。40年も付き合っている不整脈だし、前の直腸がんのときにも問題がなかったから大丈夫だと思う […]
  • トンデモ本 安保免疫学 (2)トンデモ本 安保免疫学 (2) 安保徹氏の「免疫学」の要点は、 生活習慣病といわれる病気のほとんどは働き過ぎによるストレスが原因 ストレスが自律神経の偏りをもたらす。 […]
  • ブログ村の新着記事ーシステムの不具合ブログ村の新着記事ーシステムの不具合 先日の『膵臓がん患者と家族の集い』で、ある方から「キノシタさんのブログは最近更新されていないのかと思った。ブログ村新着記事一覧に出てこないのですから」と言われました。 私は […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です