黙祷

LINEで送る
Pocket

ココクンさんのご冥福をお祈りいたします。

2019年8月と2020年1月の『膵臓がん患者と家族の集い』には、遠方から参加していただきました。

私はゆっくりとはお話できませんでしたが、同病の仲間と真剣に話されていた姿が印象的でした。

結婚式には間に合わなかったようですが、がんと戦う姿はきっと娘さんの生涯に渡って記憶されることでしょう。

縁のあった人が次々に逝かれるのは、辛いです。

<合掌>

このブログの関連記事

  • 金馬師匠から笑いの治癒力をもらった金馬師匠から笑いの治癒力をもらった 夏休みも終わって今週からはチェロのレッスンが毎週連続します。練習曲も新しくなって、「私のお気に入り My Favorite […]
  • 医者と患者のすれ違いはなぜ起きるのか?医者と患者のすれ違いはなぜ起きるのか? 「科学的な個別性」を患者は求めているわけですが、近年、個別化医療(プレシジョン・メディシン)に力を入れられています。患者の「自分に効く治療法」への要求にある程度は応えられる望みが […]
  • 整形外科で術後のフォロー整形外科で術後のフォロー 今日は脊柱管狭窄症の手術ごのフォローで品川へ。 順調で格別の問題もなし。傷跡もきれいですねといわれて5分で終了です。感染症の貯めに飲んでいたオーグメンチンも、もう服用しなく […]
  • 8割減にするには、外出を半分にすればよい8割減にするには、外出を半分にすればよい なんとなく […]
  • 変わる病院、変わらない医者変わる病院、変わらない医者 国立がん研究センターが変わろうとしている。今年の4月に独立行政法人化したのを機会に、初代理事長に就任した嘉山孝正氏は、「今後は難治や再発がん患者を受け入れ、がん難民を出さない」と […]
  • 軽減税率って?軽減税率って? 消費税の軽減税率で自民党と公明党の猿芝居がみていられない。 公明党としては党内の不満を抑え込んで安保法案に賛成した手前、軽減税率でも譲歩したら「どこまでもついて行きます下駄の雪」 […]
  • 膵臓がんの画期的な検査法膵臓がんの画期的な検査法 2年前にNHKスーパープレゼンテーションで、15歳の高校生が膵臓がんの画期的な検査法を発明したと話題になったことがあります。「Jack […]
  • がん放置療法:特報首都圏がん放置療法:特報首都圏 昨夜のNHK特報首都圏は『がん治療 […]
LINEで送る
Pocket

黙祷” に対して2件のコメントがあります。

  1. 金魚 より:

    こんばんは,本当にお別れはこたえますね。
    先日,友人からすい臓がんになり,余命半年宣告を受けた友人(ややこしいですね)の相談を受け,迷わずキノシタさんのブログをまず読んで,有明にセカオピに行くよう勧めました。
    元来明るい前向きな方のようで,「Zoom」を使ったWeb交流会申し込んだようです。
    ここがあって,とにかく息をつけるようになる人がいる・・・素晴らしいことです。
    辛い別れもありますが,生かされているものは出来ることをやって行きたいですね。
    最近,母の介護で余裕が無いのですが,私も出来ることをしていきます。

    1. キノシタ より:

      金魚さん。本当に暑いですね。コロナのせいもあって外出を控えているので運動不足です。まっさきに足に来ますね。
      屋内でスクワット程度をやっています。
      Web交流会をご紹介くださり、ありがとうございます。もう覚悟を決めてリアルでの患者会はしばらくは無理と観念し、できるかぎりZoomでの開催を続けようとの考えです。
      先日の交流会も、全国から参加してくださり、みなさんから開催を感謝されました。
      やはり、患者は人とつながっていたいのです。

      介護は大変ですね。私は4人の父母を介護士ましたが、2000年前の介護保険のない時代は本当に大変でした。
      保険制度ができてからでも、介護自殺や介護殺人も起きているのですが、その気持は痛いほどわかります。

      介護では100点満点を取ろうとしないことですね。「まっ、これで仕方ないか」の気持ちも大切です。

キノシタ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です