スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

アビガン承認見送り。薬の承認はサイエンスに基づいて

アビガンの承認が見送られたとのことです。

富士フイルムホールディングスの抗インフルエンザ薬「アビガン」について、厚生労働省の専門部会は21日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として承認するかどうかの判断を見送り、継続審議とすることを決めた。現時点ではアビガンの「有効性を明確に判断することは困難だ」とした。

以前にこちらの記事でも書いていますが、

  • 軽症のコロナウイルス感染者に対する臨床試験で、 PCR 検査で陰性になるまでの期間が2.8日短縮された。これにどれほどの臨床的な価値があるのか?
  • アビガンの企業治験は、医者は偽薬か本物かを知っている単盲検比較試験です。
  • 主要評価項目は、ウイルスの陰性化するまでの期間とともに、症状(体温・酸素飽和度・胸部画像)の軽快も含まれています 。
  • 偽薬(プラセボ)と知っている医者の、症状への判断にバイアスがかかる可能性がある。

などを指摘しておきましたが、案の定、

厚労省によると、21日に開いた薬事・食品衛生審議会医薬品第2部会は、「現時点で得られたデータからは有効性を明確に判断することは困難」とした。会社側による治験が、どの患者にアビガンを投与したかを医師が把握して行われる「単盲検試験」だったことの影響などを議論したという。

とのことで、私の指摘どおりの理由で「継続審議」となった。

政治の影がチラチラしていたので心配していたが、サイエンスに基づいて正しく判断されたようです。

ワクチンも同様ですが、新型コロナに対する有効な薬がない現状で、「なんでもいいから使える薬を」との思いは分かりますが、薬害エイズ事件などもありました。

慎重になるべきでしょう。

海外でも治験が進んでいるようなので、しっかりとしたデータを揃えて再挑戦してほしいものです。

しかし、富士フィルムはどうして単盲検比較試験などで治験をしたんだろう? 二重盲検法では自信がなかったのか?


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • Amazonで「膵臓がんTシャツ」Amazonで「膵臓がんTシャツ」 AmazonでこんなTシャツが売られています。 どこが企画したのでしょう。色も黒とネイビーの2種類あり、サイズも選べます。 PANCREATIC […]
  • 今日の一冊(42)『いのちの苦しみは消える』   元国立がん研究センターの内科医であり、現在は栃木県益子町・西明寺の住職と、境内にある普門院診療所の医師の二足のわらじを履いている田中正治医師。しかし、2 […]
  • 問われる真偽 ホメオパシー療法問われる真偽 ホメオパシー療法 本日の朝日新聞「be […]
  • がんと食事・栄養 アピタル夜間学校がんと食事・栄養 アピタル夜間学校 明日5月21日のアピタル夜間学校「がんと食事・栄養」は見逃せませんね。 インターネット生中継:アピタル夜間学校『がんと食事・栄養』5月21日午後7時30分から 講師の […]
  • 病院の受付で病院の受付で 1967年にシシリー・ソンダース女史がイギリスでセント・クリストファー・ホスピスを設立したのが、近年の終末期医療の始まりといわれています。先代の鈴木荘一先生は、ソンダース女史の影 […]
  • パソコン不調 ⇒ なんとか修理パソコン不調 ⇒ なんとか修理 デスクトップPCのSSDを載せ替えて、快調にスタートしたはずなんですが、今日、過去に撮った写真を検索しようとしてAdobe Lightroom […]
  • 今日の一冊(20)『代替医療の光と闇』 アメリカの医療費はバカ高い。アメリカでの自己破産の6割はがん患者だという。日本のような国民皆保険制度を作ろうとしたオバマは、「社会主義的だ」との共和党の反対で不十分な改革 […]
  • ガラスの森美術館ガラスの森美術館 箱根強羅温泉、二日目は「ガラスの森美術館」へ。なんだかデートスポットになっているようで、それでも年配の参観者もたくさんいた。 スライドショー […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です